投資は「資産を丸投げする」ってわけじゃないぜ!

「投資とは資産を投げる」と書く。
だけど、丸投げするわけではない。

というお話をしたい。

初心者、というか金融リテラシーの低い人にとってあるあるな話なんだけど、すぐに人を信じてお金を運用してもらうよね。

もう、これがダメだ。

もちろん中には優秀できちんと利益を出す投資案件もあるだろう。
だからそういうところに自分の資金を投入すれば、楽チンにお金が増えていくこともある。

なんや、ええやん。
楽してお金がふえるならええ事やん!

そう思うでしょ?
うん、だれもがそう思うはず。

だが、そこが落とし穴になるわけだ。

どういう事かと言うと、もし、万が一その投資先が下手をこいたとする。
で、自分の資金が減ってしまった・・・・。

まあ、これはある意味よくある話なんだけど、一番問題なんは、その時人任せでやてると全く自分が成長しない。

だからまた同じように他の投資先にお金をいれては損をするって事を繰り返す。

そんなわけだから、まずは他人の投資案件をやるくらいなら、自分の運用力を磨く事!!

もう、これにつきるのよ。

オレもいろいろと、投資案件やったけれどもどれ一つとして続かなかった。
どういう意味かと言うと、全部最終的には損を出して終わった、というオチ。

それなりに裏ルートでしか来なそうなよさそうな案件とかもあったけど、見事にこけてくれたよ。

投資というのは長い時間かけて運用することで複利が効いて資金が大きくなる。

だからすぐこけてしまう他人の案件なんて手をだしても仕方が無い。

オレは自分でしか運用していない。
それが一番確実だからね。

資金を他人に丸投げするのはNG!
自分の力で運用する。コレに限る。