EA作成に必要なテクニカルの数は?

Q&Aコーナーでっす!

とある勝てるEAを購入したのですが、思ったよりもシンプルな戦略なので驚きました。
もっと、たくさんのテクニカル指標を使用しているかと思いました。
EA作成にはいくつのテクニカル指標を使ってますか?

この質問の答えとしては、運用戦略はシンプルであればシンプルであるほど良いから、「テクニカル指標は少ないほど良い」ってことになる。

正直なところ、テクニカル指標は多くて3つぐらいで十分だと思う。

これはたくさんのテクニカル指標を使ってエントリーをしぼると、「カーブフィッティグ」といって、ある特定の相場状態にのみ勝つようにEAが最適化されてしまうから。

つまり、戦略の普遍性が失われてしまうわけだ。
戦略の普遍性、コレ大事よ。

だからカーブフィッティングされてしまったEAはちょっと相場環境が変わると、とたんに負けまくるEAになる。特定の相場だけに強いってのは、それだけリスクがあるってことなんだな。

カーブフィッティングしたEAを運用するには、このEAが勝てる相場環境でのみピンポイントでEAを動かす、という離れ業のような運用能力が求められるわけだ。もうコレが出来たらどんなEAでも勝てるわな・・・。

そんなわけで普通の人がこういうEAを運用するのは無理。
相場に対する、深い理解と経験が求められるからな。

だから運用戦略はシンプルなほどが良い!
ということになる。

それに、これはEAの根本的な考え方として、「裁量取引を自動化する」というものがある。

だから当然、裁量取引で使うテクニカル数なんて5個も10個も使つかわない。
せいぜい2、3個くらいなんだから、自動売買で使うテクニカル指標もそんなもんで十分よ。

EAを作るときは、「なるべくシンプルな戦略でEAをつくる」。
この事を心がけるといいよ。